私の目指す文章

 またしても、いや、これは私のこだわりが多くある分野なので堅いと言うより自分の好きな話と言うべきかもしれません。

 元々は文章を書くことにそれほど興味関心を持っておらず、読書感想文とか言われても何を書けば良いのか全くわからないという学生時代を過ごしていました私ですが、ふとしたきっかけから小説を書くようになり、その勉強を始めるようになってからというもの、自分でも不思議なくらいに文章にこだわりを持つようになってしまいました。

 始まりが小説であったにも関わらず、論文的な物から挨拶文など様々な文章に対しても自分なりにすっきりとした物でなければ気が済まなくなってきたのは、ある種の病気・・・・・・は言い過ぎかと思いますが、それに近いようにさえ思えます。

 さて、文章とひとくくりにしましても様々な種類があります。

 人を楽しませる物

 人に知らせる物

 人にお願いする物

 などといった風に目的によって分類することができます。

 そして、これらの目的に応じた書き方という物があります。

 人に知らせる物は一読すれば全てを理解できるように各必要があり、お願いする物は相手に思いや考えを伝える必要があります。
 小説などの楽しませる文章の書き方は多くの方法があり、すんなり入ってこれるように導入したかと思えば、二度三度読む毎に解釈が変わるようなミスリードを誘うこともあり、私はここから入ってますので、かなりひねくれた文章を書きたくなる癖があります。
 あえて読み手に考えさせ、気づかせる事で喜びを与える。
 書き手が真実を明かすまで答えを悟らせないようにして、いざ答えを開示することで感動を与える。
 こんな事を目指して文章を書き続けてきたものですから、他の文章を書いていても引き込みたくなる癖がでてしまい、よく「くどい」と言われがちです。

 ちなみに、このブログでは敢えてその「くどい」書き方をするようにしています。
 ここくらいは私も思いっきり文章を書きたいと思いますので。

 閑話休題

 人に物事を伝える為の文章は、相手に考えさせてはいけません。
 基本は「読みながら理解できる文章」です。
 ですので一文一文が長くなる必要はありません。短文の連続で構わないと思います。しかし「誤解を招く」「他の解釈ができてしまう」可能性がある場合は修飾を多用することで長文になることもやむを得ないかと思います。
 人に伝えるのに、様々な解釈があってはいけません。
 一度読めば「こうとしか理解できない」という確実な文章こそが必要とされます。
 逆に言えば捻りようのない文章です。

 で、普通はそれで終われば充分なのですが、私はそこにどうしても一捻り入れたくなってしまいます。
 伝える、以上の、楽しんで知って貰える文章を書きたくなるわけです。

 楽しんで知って貰える文章、それを目指しこのブログを書いています。

 書いた本人が理解できない文章を人が理解できるわけがありません。加えて、楽しめずに書いた文章は人に楽しく読んで貰えるはずがないと私は思っています。
 少なくとも、自分が書いている内容は自分で理解しておりますし、なによりこの文章を私は楽しんで書いています。
 産みの苦しみと言う言葉をこのブログでよく使いますが、苦しくても書いていて楽しいこともあります。そしてなによりその後の感想を聞いた時に「理解して貰えた」「楽しんで貰えた」と感じたときの喜びはたいへんな物です。

 達成感を得ること、その積み重ねが人を更なる高みへと誘ってくれると信じています。
 何か一つをやり遂げることこそ次なる一歩の原動力です。
 何を行うにしても目的を見据え達成を目指すことから始めましょう。


 最後の方、少しテーマからそれましたね。
 私の目指す文章・・・・・・それはやはり「感動を与える」文章です。
 かといって目的をそれては元も子も在りませんので、目的だけは最低限達成した上で、その範囲内で可能な限り目標をめざしてまいります!!
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR