挨拶文

拝啓 秋冷の候 皆様方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます
平素は駒林神社の諸祭儀諸行事にご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます
扨 挨拶文をお仕事で書かれる方も少なくないと思います
私もその一人であり 最近では以前に比べればスラスラと書き綴る事が出来るようになって参りました
こういった文書を書くことも私の得手とする分野で在りますが 人にお教えできるほどではなく また教えること自体が非常に難しいことと思われます
限りなく丁寧に 失礼がないように と心がけて書かせて頂ければ大きく間違えた事を書くことはないと思います
文書を書くことの難しさはありますが その中に楽しさを見いだして頂ければ それは世界に一つ自分だけの文書となることでしょう
多くのホームページ閲覧者の皆様に 日々の感謝と今後ますますの継続訪問をお願い申し上げまして 甚だ簡単ではございますが ご挨拶をさせて頂きます
敬 具



 というわけで、本日は挨拶文を三通ほど書かせて頂きました。
 そうこうしていると自分が割とすんなり駆けるようになってきていることに驚いております。
 そして、私自身の楽しみ方を見いだすに至りました。
 その試みの一つがブログにおける挨拶文での記事投稿です。
 こういう練習の仕方も良いのではないでしょうか。


プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR