Time is Life 

 横文字とか私個人は本当は使いたくないのですが、こういった話を本日しましたので、たまには気分を変えて横文字タイトルにしてみます。
 blogは基本横書ですから障りはないですよね。


 まずは、本日の出来事。

 出来事、と言えるほどの事は特には在りませんでしたが、神戸商工会議所の中央支部へ初めてお邪魔して参りまして、有意義な時間を過ごさせていただきました。
 商工会議所の使い方をもっと勉強せねばなりません。
 西神戸支部で色々話を聞いてこようと思います。


 さて、タイトルにある「時は命なり」
 時間とは寿命である。
 学生時代に感じていたのは、寿命とは社会人として生きていられる時間の事だと認識しておりました。
 地位や立場などのしがらみがあるとはいえ、人生の中で最も自由な時間は社会人の時であり、その間に何を成したかが人生の大半を占めると思っていました。
 そしてその為の準備期間が学生時代であり、見習い期間だと思っております。

 つまり、時間とは命に相当するもの。
 よって時間を大切にせねばならないと思います。

 ところで、一昨日の記事(アップされたのは昨日ですが)で向上心の無い物は時間をおろそかにする、と言った内容を書いておりました。
 自分の時間をおろそかに考えるのは自分の物なので自由にして貰って良いと思います。
 しかし人の時間は人の物で在り、自分がどうこうして良い物ではありません。

 よくご存じの「時は金なり」「Time is Money」とは「時 = 金」という意味になります。
 学生時代は時間で金を得ることは出来ても、金で時間を得ることは出来ませんでした。
 しかし社会人になり、金で時間を得ることが出来る社会なのだという認識が生まれました。
 人を雇う、と言うことはそれだけ自分の時間を増やすためにする事です。
 なら雇われた者の最低限の役割は、雇い主の時間を増やすことであります。

 私自身も最低限の役割を肝に命じ、その上で少ない時間でより多くの事をできるよう努めてまいります。


 昨日から書きたいと思っていることが残っておりますが、それはまた明日以降にでも。

プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR