文章の基本は

 便座の保温機能が働いているのでは無いかと確認してしまいました。

 夏って、こんなに暑かったでしたっけ?
 yahoo!の天気予報を見ていますと、

洗 濯 厚手の衣服も乾きます.
 傘  傘なしでも心配なし.
紫外線 きわめて強い 肌へのダメージ強!.
熱中症 危険 今日は涼しい室内で.
汗かき ビッショリ 吹き出すような汗でビッショリ.
ビール ビールなしではいられない!.

 最近はいろんな予報をしているのですね。
 なんかよく分からない予報ですが。
 とにかく今日は一日全力で暑かったと言うことのようです。
 ビールなしではいられない! って何の予報なんですかね。


 本日は、会議が二件ありました。
 どちらも重要な案件です。
 暑い中長時間となりましたが、キチンと進めることができるよう念には念を入れねば。


 さて、神職に関わらずどんな仕事をしていても文章を書くと言うことは逃れがたいものです。
 学生時代から創作で文章を書いていた経験から、少し書かせていただきます。

 文章の基本は起承転結です。
 きっかけに始まり、それを受けて詳しい説明や詳細に続き、反対意見などを入れた、その結果を書く。
 これがどんな文章を書くとしても、また説明などをする場合にも有効な稿正だと思います。

 あと忘れてはいけないのは5W1Hですね。
 Who(誰が) When(いつ) Where(どこで) What(何を) Why(なぜ) How(どのように)
 これを全て開示することが説明に必要で在り、敢えていくつかを書かないことでミスリードを誘うこともできます。

 この二つに注意すれば簡単な文章ならすぐにかけるようになると思います。
 そこから修飾語を加えることで自分らしさを出していくわけです。

 より的確な表現を捜し、見つからななければ自分で作り出す。
 文章でも祝詞でもそれは変わりません。
 語彙も大事ですが、もっとも重要なことは「自分なりの新しい何か」を産み出すこと。
 表現方法を増やすには昔の祝詞より、現在の祝詞をより深く理解し、自分なりの祝詞を作りましょう。


 22日23日寝てるかも……
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR