いろんな夏祭り

 夏祭りとは、昔より夏になると疫病が蔓延することが多く、無事に一夏を越える為に大神様にご祈願したことが始まりです。
 技術の発展により食物の保管や医療技術が発展したことから夏の病は昔ほどは無いように思いますが、やはりこの時期は水に当たるなどよくあることと思います。

 ところで、夏祭りは最近は納涼の意味が強まってきているように思います。
 さて、その納涼、正確にはどのような意味でしょう。

納涼(のうりょう)
 夏の盛りの暑さを避けるために、涼しさや過ごしやすさを工夫して創り出し、味わうこと。

 思っていたとおりの意味です。
 では何故「納」なのか。
「納」は「納める」という意味、特に税金などを納めるという意味だけど思っておりました。ですか「涼しさを納める」では逆に暑くなりそうな気もします。
 ところが、調べてみますと「受ける」や「引き入れる」という意味も持っているようです。
 なるほど、「涼しさを引き入れる」から「納涼」なのですね。

 引き入れる為に、ビールを飲んだり、怪談話をしたり、そして体調を崩さないよう少しでも涼しくなるように祈願したりするのが納涼なわけです。
 涼しさを引き入れるべく夏祭りをする、ならば引き入れる為の手段を提供するのも夏祭りの目的としていいのでしょう。夏祭りに涼しさを感じれる何か。それを提供できるよう神社やその他の場所で行われている夏祭りを回り来年の夏祭りの企画を考えていきたいと思います。
 さて、近々大きな夏祭りがありそうですし、覗きに行ってみますか。



 
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR