自覚せよ!

 人に言いながら自分に言い聞かせています。

 自分の立場、自分の責任、自分のすべきこと。
 これらを自覚することが足りないから、必要な注意をはらえていない。

 人に甘えることを自覚できる範囲で廃し、さらにまだ甘えているというなら、それが何かを突き止め原因を廃し、その繰り返しを行うことで甘えの一切を廃する。
 その覚悟を持つことを自らに貸すこと、それが自覚と考えます。


 人に注意すると言うことは自分に厳しく言い聞かせることでもあります。
 自分が出来ているかを自問自答し、自分の甘えを見つけ出し、それを廃していくことに繋がります。

 なぜ未熟な若い学校の先生があれほど強い態度で生徒に指導できるのかが自分なりに理解できて参りました。
 あの方々も自分を見つめ直しつつ、自分をも律するつもりで指導を行ってきておられたのでしょう。

 誰か、何かを育てるとこで、育てられる事の数倍の成長を得ることができるかと思います。
 育てる、指導する、その先にお互いの成長があると信じ、より一層の自覚を持って接して参ります。

プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR