声の出し方

 大きな声を出せ、と言われた時、高い声を出してしまう人がいます。
 音の高低を比べれば、高い音の方が耳に届きやすく大きい音に思います。ですが、大きく聞こえてもボリュームで比べれば同じなのです。

 テンションが上がったり感情が高ぶると、声が高くなってしまいがちです。
 確かにその方が耳に届きやすいですが、耳障りが良いとは限りません。
 まして話す方も段々喉に負荷が掛かり、苦しくなってきます。

 祝詞をはっきり聴かせるために声を大きく出そうとして、高い声を出してしまう神主さんが少なくありません。
 それを聞いていて思うのは「苦しそうだ」ということです。

 それは声をのどから出しているから。やはり腹式呼吸が重要だと言う話です。
 結局この話になるわけですが、腹式呼吸をして一番出しやすい高さの声を出すことが一番聞き取りやすく、また落ち着いた声に聞こえると思います。
 私も話をするときは必ず呼吸を整え腹から声を出すようにしております。
 その大切さがこの頃特に感じられます。

 何度も書いていることですが、腹式呼吸、思う以上に大切だと思います。

プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR