経験値

 自分が当たり前だと思うこと。
 しかしそれが人にとっては当たり前では無いと言うことがあります。

 自分が経験してきて、それを自分なりに考えてやってきて、その経験があるからこそ人がやっていることにあれこれ意見を言うことが出来る。そういうことがいろんな場面であります。

 本日とある会議に出た後、相談を受けてしみじみそう思いました。

 簡単に要約しますと、ある事業の担当の代表が、所属員に経緯も伝えず話し合いも行わず独断専行で上程した。その場に上がってきたわけだから、担当以外の人にとっては、担当に属する者達の総意と思うが、実はそうでは無かった。
 正直経験云々というより、考えるまでもなく当たり前だと思います。今回の会議に出す以上は、担当全員の総意で無ければならない、当然のことです。
 ですがそれが出来ていない、ということについて、胸を張って「それはおかしい」と言えるのは自分がやってきた経験があり、自分の中できちんと理由付けが出来ているからです。

 百聞は一見にしかず

 これはいくら説明を受けるよりも、実際に見る方が理解は早いと言う意味ですが、それに近い事だと思います。
 どんなに仮定や考察やシミュレーションをするよりも、実際の経験に勝るものは無いのではないでしょうか。
 自分のやってきた過去が決して無駄にはなっていない、そう感じる瞬間は何かを成し遂げた瞬間より「ホッ」とします。皆様はいかがでしょうか。


プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR