お賽銭



 ある方から聞いた話です。

 神社にお参りに行き、お賽銭を入れようとして財布を見たら一円硬貨と一万円札しか入っていませんでした。その時は迷わず一円硬貨を入れて下さい。

 という話です。
 理由を尋ねると、お札だと賽銭箱に入れても音が鳴らない、硬貨だと音が鳴るので神様に気づいてもらえて願いを聞いてもらいやすい、との事でした。
 一円玉を入れて神様が気づいてくれる程の音が出るかどうかはともかく、そういった話があることを初めて知りました。

 よく言われますのは、神様は耳か遠くていらしゃる。だから鈴を振り、柏手を打ち、自分のことを気づいてもらい願い事をする、ということです。
 その前段階としてお賽銭の話を考えれば、あながち間違えでは無いように思いますが、まずお賽銭本来の意味とは異なるように思います。
 お賽銭は神様に対する感謝のしるしです。日頃の感謝の気持ちを込めてお供えするものです。
 ですので、そもそも投げる物ではなく、そっと差し出すもので、賽銭箱にも静かに入れるべきでは無いかと私は思います。
 たとえばお世話になったあの方へギフトを贈るのに投げたりはしませんよね。

 お賽銭は静かにそっと入れる物かと思います。

 神様に気づいて頂く手段は前述の通り、鈴や柏手があります。
 それらの方法で音を鳴らして神様に振り向いて頂いてください。


 
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR