初穂料とお賽銭

 二月になりました。
 恒例の月次祭をご奉仕し、社務をお勤めいたしました。
 明日から、いえ今晩からでしょうか。天気が崩れるそうで、気温もずいぶん下がると言われております。このまま春へ一直線かと思っておりましたが、そうは問屋がおろしてくれないようで、まだ一波乱あるのでしょうか。

 さて、おついたち参りということで、やはり本日はお参りも多くいらっしゃいました。
 そして終業となり閉めます際にお賽銭を見ますと熨斗袋に入ったお賽銭がございます。袋に入れておられますのは勿論紙幣です。中には丁寧にお名前を書かれておられる方もいらっしゃり、毎月の事ですのでその方の崇敬の想いの大きさを感じます。

 そうされておられます方と、できますれば直接お目にかかり御挨拶いたしたく思います。
 これまで包んで賽銭箱へお供されておられます方は、以降よろしければ社務所へお持ち下さい。

 社務所へお供えとして初穂料などをお持ちになられた方へは、御神前へ献じました撤下品をお授けいたしております。主に御菓子と清め塩でございます。こちらを召し上がることで(清め塩は召し上がられてもお清めに撒いて頂いても結構です)大神様のお力を頂くというものです。
 何かしら理由があられて賽銭箱へお入れのこととは存じますが、差し支えなければどうぞ社務所までお持ちくださいますよう重ねてご案内いたします。

 皆様がより一層ご健勝でいらっしゃられますよう御祈念申し上げます。
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR