注連柱の縄を交換しました。

 毎年恒例、年末の大作業の一つ、境内入り口にあります注連柱の縄の交換作業を行いました。
 作る数の問題で人手が多い方が良いという作業は他にもありますが、人手がないとできないというのはこれが最たるものでしょう。逆にこれをすればいよいよ年末も間近だと実感します。

 まず、柱をおろして、古い縄を外し、新しい縄を用意します。

__ 4 

 柱がないとこんな感じです。


__ 3 

 そして竹をくるくる回しつつ……ただひたすら回しつつ……

___20121202204219.jpg 

 できあがった柱を再び空高く取り付けます。

__ 5 



 さすがに白衣ではできませんので、普段着で作業をさせていただきました。
 特に袴はひっかけやすいですからね。

 そうして現在新しくなった注連柱が境内入り口にかかっております。
 毎年変えていることをご存じでない方がかなり多数いらっしゃるとは思います。そんなこともしているのだと思って空を仰いでいただければと思います。


 因みに……その後排水溝を掃除して回りました。
 やり切ったと思える一日でした。


 手伝ってくれた友人たちに感謝です。


プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR