歴史あふれる駒ヶ林

P1120145.jpg 
 治承2年(1178年)、平清盛は厳島神社参詣の途中、駒ヶ林の浦に上陸したと伝えられています。
 


 また延元元年(1336年)、足利尊氏は戦に敗れ西国へ逃れる最中、当社におまいりされ次の歌を詠われました。

「今むかふ方は明石の浦ながら
  まだ晴れやらぬ我が思ひかな」

 現在向かっている土地は明石という名ではあるが、私の思いはまだ晴れることは無い。
 戦に敗れた苦い思いを当神社にて歌にされたものです。


 近所には清盛の異母兄弟である平忠度の腕塚や胴塚もあります。

 この駒ヶ林という町は実は昔からいろいろあったところなのです。
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR