FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六間道五丁目商店街「みせびらき」にて

 本日、氏子地域の一角「六間道五丁目商店街」にて新店舗が四店オープンし、そのオープニングイベント「みせびらき」が行われました。

1_954194fa[1]

 駒林神社では、大神様にお神輿でお出まし頂き、イベントの様子をご覧の上、お見守り頂きました。

1_d0f1a3b5[1]

「お正月にいつもお参りしております」と口々に聞こえて参りましたのを受け、なるほど、こう言う機会は大切だと改めて理解しました。
「一年の計は元旦にあり」と申します。一年のお参りを年に一度お正月にする。それは一つの正しい考え方です。
 ですが、節目はお正月だけではありません。
 季節の変わり目は病気などになりやすく、時期によっては台風や豪雨などがあり、田植えや刈り入れといった生活に密接な関係がある時期、そして年度初めは多くが4月であり、春秋のお彼岸、ご自身の誕生日に至る迄、全て節目と言えます。
 そしてもっとも身近なのが、月初であるおついたち。更に言えば一日一日の始まりも全て節目です。
 毎日のお参りをされている方も多くいらっしゃいます。
「昨日一日無事に過ごせました。ありがとうございました。本日もよろしくお願いします」
 そうして一日を始められる方々は少なくありません。
 毎朝神社へ来るのは時間的に難しい。だから家にお祀りしているお神札(おふだ)にお参りする。
 そして一ヶ月毎に月参りとして神社へお参りする。と言う方もいらっしゃいます。

 お参りの仕方は様々です。
 一年に一度の初詣でさえされない方も中にはいらっしゃる事でしょう。
 そもそも神社とは何か、をご存じでない方がほとんどかと思います。
 そういった方々に、神社とは何かをお話しできる機会として、色んな場面に外に出て行き、またコチラのblogなどでお伝え致したく思います。

 そうした活動をしている中で、思わぬ出会いがございました。
 愚直なまでの行動で、成果への道へ進む一歩を踏み出す足音を確かに耳にすることができました。
 大神様の為にと思ってすることが愚かなはずはないと信じ、まして愚か者にならないようよく考え行動する。神主のあり方の一つを実感できた一日にもなりました。

 さあ、これからもっとがんばりますよ!!


スポンサーサイト
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。