FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鳥居が復興しました、と改めて言いました

 本日、よもやこんな話を聞く事になろうとは……。

「いかなごのくぎ煮の石碑が建ったんやってね」

 ――――
 ――

 ……それだけ?

 情報の伝わり方で、ここまで話が限定されてしまおうとは……。

 確かに、石碑が建ちました。それに間違いはありません。
 そこで、伝えました。

「ええ、大鳥居が復興しまして」

「あ、そうなん!?」

 いやぁ、大鳥居復興についてはまったくご存じないという。
 こういうこともあるんですね。

 情報の伝わり方の恐ろしさを改めて思い知らされた気分です。


 本人がどんなに正確に情報を伝えていると思っても、相手には伝わっていない場合があるのです。
 その恐ろしさは計り知れません。
 かといって、自分の伝えた情報がキチンと伝わっているかを確認できるとは限らず、確認できたとしても100%正しく伝わっているとは言い切れず、人間同士のやる事ですので完璧などあり得ないわけです。
 どうやったら正しく情報を伝える事が出来るのか、人間の大きな課題ですね。

 ふと思ったのですが、授業や講義での学習効果とは、情報を如何に正しく伝達でき正しく受信できるかによるのではないでしょうか。
 つまり授業をする方もされる方も相当の技量が必要であり、学習能力が如何に高くとも伝達能力が低ければ学力向上には繋がらない。
 以前から書いている良い講演会に通じる話ですね。

スポンサーサイト
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。