FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親睦活動の表と裏

 本日神戸市市内若手神職による親睦事業がありました。
 毎年行われている事業でして、私は昨年までその企画運営に携わっておりました。
 現在も組織の役員をしておりますので、無関係ではありませんが、直接携わることはなくなり、本年は気にせず楽しませて頂くつもりでした。いや、少し違いますね。昨年までも楽しんでいました。企画する運営するのも楽しい、どちらにもそれ相応の楽しみ方があることを私は知っていますし、更には結構苦しいことやつらいことも含めて楽しめる変わった感性を自分は持っていると自覚しております。

 ですので、本年は参加者として楽しむつもりでいた、というのが正確なところでしょう。

 結論から言いますと、運営の側が気になって楽しめませんでした。

 こうすればもっと良くなるのに。
 この方がスムーズに進むのに。

 裏を知ってしまうと表に居ても裏が気になってしまいます。

 さらに第三者の目でも簡単に見れてしまうので、悪い点が非常に目立って見えてきます。
 振り返ればこれこそ自分が得てきた経験値であり、自分のレベルなのだと思えますが、実際にやっている間はそうは思えません。苛立ちが募りだします。

 人のやることは人のやること、個性の範疇だと認識できる限りは達観して見守ることができるようにならないと、自分がつぶれてしまうと言うこと。
 加えて、よりよいものをして貰いたいと思うなら、次を担うものへきちんと受け継がねばならないこと。
 これらが私が得るべき教訓です。

 無視はしてはならない。
 どう折り合いをつけて上を目指すか。
 難しいところです。

スポンサーサイト
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。