東日本大震災のお見舞い申し上げます。

 この度の地震で被災されました皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。犠牲となられた方々の御霊の安らかなる事、またこれ以上の被害の拡大がなく一日も早い復旧を御祈念申し上げます。



 平成七年に発生いたしました阪神淡路大震災にて駒林神社も被災いたしました。
 当時を思い出しますと地震による惨状が如何ほどか、被災者とはどのようなものかがすぐさま頭に浮かび上がって参ります。

 この度の地震は、かつて我々が被ったものをも更に大きな被害を生み、加えて発生した津波の猛威をまざまざと見せつけられることとなりました。
 長田港を有する駒ヶ林町は津波発生時には真っ先に飲み込まれるであろう街です。
 もし阪神淡路大震災において津波が発生していたなら、それは想像するにあまりある光景となっていたことでしょう。


 現在は我々が体験したよりも大きく、そしてその他にも多くの問題が発生しております。この度の災害に被災されております皆様にとって、かつて被災した経験から得た知識がわずかでもお役に立ちましたら幸甚です。

三月を迎えて

 朝からあいにくの雨ではございますが、本日は1日ということで月次祭を斎行致しました。
 末社への巡拝の折には雨も一旦おさまり、濡れることなくお参りが出来ましたが、その後はまた雨脚が強くなりました。
 お参りの為に雨を抑えて下さったのかもしれません。

 
プロフィール

厄除の宮 駒林神社

Author:厄除の宮 駒林神社
兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町3-7-3鎮座
由緒正しい厄除の宮「駒林神社」です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR